家庭医学・健康

家庭医学・健康 暮らし

2018/3/13

「結果がすべて」の上司に疲れてしまう…攻撃ホルモンが高いタイプの対処法

「何もそこまでしなくても」というほど結果にこだわる上司。 同期の中では一番出世が早いというけれど、部下の人気はやはりイマイチ。 正面からカテコールアミンを刺激しない。 この上司は典型的な攻撃ホルモンのカテコールアミンなどが高いタイプです。出世や成果が第一なら、別に部下に嫌われても平気なのでしょうが、敵意を感じるとさらに攻撃ホルモンを刺激して扱いにくい人になってしまいます。 怖い人だからと言って、やたらと丁寧に話したり、機嫌を取るために話しかけたりするのは逆効果で、かえってイライラさせてしまいます。無理にコ ...

家庭医学・健康 暮らし

2018/3/12

ストレスの中でも、多くの比率を占める『あの人、顔を見るだけでいや!』

仕事だから仕方がないとは思うけど、 一度いやだとか苦手と思った人とは、 一緒にいるだけで苦痛を感じてしまう。 無理に好きになることはない。 相手を”自分の辞書”に加えてみては? 人間は感情の動物なので、じつはこの種の感情が、ストレスのなかでいちばんウェイトの率が高いのです。 けれど苦手な人を好きになるのも、相手を変えようとするのも無理があります。 イやなものは、見たり聞いたりするだけでストレスホルモンが分泌されます。まして『いやだいやだ』と思い続けると緊張が連続し、呼吸や神経が乱れ、動悸がしたり、気分が悪 ...

BLOG 家庭医学・健康 暮らし

2018/3/11

普通じゃない病気から来る肩こりがある!同側肩だけこる人は危険信号

肩こりでも、病気が原因のことがありますのでご紹介します。生活が乱れ気味で、いつも同じ側の肩こりがつらい場合、内蔵からのサインかもしれません。 前回ご紹介した肩こりも間違った生活習慣が続いていくと、病気が原因のケースが出てきますので、知識として知っておいた方がいいと思います。 肩こりの原因はほとんどが疲労が原因でおこります。つまり、肩がこるのは疲れている証拠なのですが、ときには肩こりが病気のサインという事もあり、見過ごすと最悪なことにならないためにも知識として知っていてもらいたいと思います。 例えば、いつも ...

BLOG 家庭医学・健康

2018/3/10

検診率が上がってもガンが増えてる事実!検査より確実なガン対策がある

先進国のなかでがん患者が増え続けているのは日本だけって知っていましたか? 皆、検査を受けることが大事だと言いますが、検診率がいくら上がってもがんは減りません。理由は、検査は早期に発見しましょうというもので、防ぎましょうというものはないからです。ガンを減らすためには、発見よりも先に防ぐ方法を教えないとガンは減らないのです。 では、防ぐ方法はなんですか?そんなものがあるのでしょうか?答えはあります、です。 他の先進国は検査の受診率をいくら上げても、ガンが減らないということがわかったので、対策を見直したのです。 ...

家庭医学・健康 暮らし

2018/3/9

失敗がないかといつもビクビク、心配でたまらない…

自分がかかわっていた仕事にミスがあると、事後処理はそっちのけで とにかく自分のミスじゃないかが心配で、夜も眠れない。 リラックスがキーポイント。 自分を責めすぎるのはホルモンの悪循環。 とにかく常にまじめなあなた。それはとてもすばらしいことですが、何かあるたびに自分を責めていては、カラダ中がストレスホルモンだらけになるばかりか、幸福感を感じるホルモンまで減少します。 そのような状態が続くと、ホルモンのバランスが崩れ、自律神経失調症やウツになってしまうことも。 仕事の失敗というのは、いくつかの要素が運悪く重 ...

BLOG レシピ・グルメ 家庭医学・健康 暮らし

2018/3/9

塩味や甘い味、濃い味でないと満足出来ない味覚が健康を害している

食生活が大切なことはだれでも承知の通りですが、味覚がおかしくなってしまうと、いくら食事を気をつけても、報われません。味覚が正しく感じないせいで、健康を害しているのです。 そんなことも毎日の生活習慣なのです。味覚についてご紹介したいと思います。 味覚は、人間の五感の一つであり、生理学的には、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つが基本味にあります。 味覚によって味を感じています。ものの味を認知する感覚で主として舌にある味蕾(みらい)が唾液に溶けた化学物質を刺激として受容することで感じています。甘い・塩からい・ ...

家庭医学・健康 暮らし

2018/3/8

マイペースでやりたい、マニュアル通りが苦手な人のストレス解消法

結果が同じなら、仕事は自分のやり方とペースでこなしたい。 一から十までやり方を強制されると、とたんにモチベーションが下がってしまう。 ストレスが溜まったときは、楽しいことでカラダを元気に! 何事も計画的にというのが苦手なタイプで、常に斬新なアイデアをこらし、自由に、楽しくが身上。ですから過度に管理され、自由を奪われるとストレスに。 ただ飽きっぽい一面があるので、すべてをひとりでマイペースに仕事をするより、要所要所に締め役のサポートが必要。 マニュアル通りに決まったことの繰り返しでは、刺激がないので、変化を ...

家庭医学・健康 暮らし

2018/3/7

事前情報がないと不安になる人とならない人はここが違う!

出張へ行く時、ガイドブックやインターネットですべて網羅。 あらかじめ予約できるのならすべてしておかないと、初めてのところは心配でたまりません。 セロトニン+ドーパミンで新しい世界が開ける可能性あり! 慎重かつ正確であることを信条とするあなたは、石橋をたたいてたたいて、結局渡らないタイプ。未知の世界へ飛び込むのが苦手な人は、慎重ホルモン・セロトニンが多いと言えます。 一方あなたと正反対のタイプもいます。感覚的にどんどん行動して、不安でドキドキすることをむしろ楽しいと考える、ドーパミンが多い人。 共感すること ...

家庭医学・健康 暮らし

2018/3/6

集団行動が苦手…そんな時、心が軽くなる対処法

結構人当たりはいい方で、 初対面の人にも、同僚にも、イやなやつとは思われないけど、 大勢でいると、ときどき疲れを感じてしまう。 抗酸化作用のあるサプリでカラダのケアを。 一人ひとりを丁寧に慎重に、いろいろ考えながら接したいタイプの人は、大人数だとどう対応するかあれこれ考えてしまって、どっと疲れてしまいます。 ひとつのことを深く掘り下げて考えるので、大人数でもテーマが決まっている場なら目的に集中できてストレスになりませんが、懇親会のような漠然とした集まりが苦手。 このタイプは消化器系が敏感なので、自分が落ち ...

© 2021 人生100年時代のライフシフト