家庭医学・健康

BLOG 家庭医学・健康

2020/2/8

「うつ病かも」って思ったことはありませんか!?うつ病はどこで治療を受けられる?

私、「うつ病かも」って思ったら・・・ ストレス社会とも言われる現代は、多くの方が何かしらの悩みを抱えながら日常生活を送っています。 「もしかしてうつ病かも?」と思ったことは誰もが少なからずあるのではないでしょうか。私もそう思って診断サイトでテストしたら、70%がうつ病の可能性ありという診断でした(;'∀') 早期発見、早期治療が大切です。周囲の人に相談しにくいことなのでプロのカウンセラーに相談されることをオススメします。 うつ病をはじめとする多くの精神的な疾患の症状があらわれた時、一人で抱え込まずにまずは ...

BLOG 家庭医学・健康

2020/1/28

自分を許すこと、ほめること、認めること、受け入れること。

自分を許す、ほめる、認める、受け入れる 自分に厳しく否定的で、他人と比べては落ちこんでしまう。自分の至らなさばかりに目がいって、自己嫌悪に陥ってしまう。「こんなんじゃダメだ」「ほんとに最悪」「なんでできないの?」あなたは自分に対してダメ出しばかりしていませんか? そんなあなたに「自分を許す、認める、ほめる、受け入れる」ことで、前向きで楽しい毎日を過ごすことができる方法をご紹介します。 1.自分を許すこと 自分を責める心があると他人から自分への攻撃を引き寄せてしまい、内側にためていた怒りが他人への攻撃となっ ...

家庭医学・健康

2020/1/5

夜間頻尿の対策と改善法!夜中の頻尿は歳のせいじゃない。

夜間頻尿の悩み 50代くらいになると、頻尿で悩んでいる方も多いですね。 特に夜中にトイレに起きる、これは睡眠を妨げますよね。 1回ならまだ、2回、3回となると辛いですね。 悩んでいる方も多い訳ですが、歳のせいにしていませんか? そもそも、なぜ夜中に尿意を感じてしまうでしょうか。 夜中の尿意の原因 例えば、日中ずっと緊張が強く続くと、膀胱は尿を溜め続けるのです。 さらに尿意も感じにくくなります。 そしてやっと眠りにつき、段々リラックスしてくると残っていた尿を出そうとするのです。 また、日中緊張が高い人は疲労 ...

家庭医学・健康 暮らし

2020/1/5

うつ(鬱)にどうしてなってしますの?うつ病が発症するしくみ

なぜ?うつ病は起こるの? うつ病がどうして起こるのか、まだ十分に解明されていませんが、現在わかっている原因として、「心理的なストレス」、「脳内の変化」、「なりやすい体質」の3つがあります。 これら3つの原因が重なって、うつ病を引き起こしていると考えられます。 うつ病と「脳内神経伝達物質の変化」の関わり 私たちの脳が無数の神経細胞で構成されているということをご存知でしょうか。 感情をコントロールしている神経細胞がバランスを崩すとうつ病を引き起こしてしまいますので注意が必要です。 脳内神経伝達物質を介してさま ...

家庭医学・健康

2020/1/5

最近、疲れやすくなってきた。甲状腺機能亢進症の症状・対策は体質にあります。正常に戻して薬はやめられる!

昔よりも今は身体が弱くなっている 現代に生きる私たちは、薬により免疫システムは弱くなっています。 ほんの小さな子どもでも、ちょっとしたことですぐに抗生物質などの薬を服用させられてしまうため、自分の免疫システムで病原菌と戦うことなく、大人になっていくケースがすごく増えていると思います。 祖父母より親の世代、親より今の世代の方が確実に身体が弱くなっています。 まさか、そんなはずはないと思う人もいるのではないでしょうか。 祖父母の時代より寿命が延びていると反論する人もいるでしょう。 しかし、寿命が延びているのは ...

家庭医学・健康

2020/1/4

喘息も薬で抑えるだけでは治癒しない、欧州では原因治療で根本治癒する

喘息とは 病院に行き、「これからしばらく薬を飲んでいかないといけません」と言われる疾患の中の一つに『喘息』があります。 喘息は、小児喘息ならまだしも、大人になってからかかる喘息は、何年もの間、薬を飲んでいる人が多いのです。 喘息とは、肺や気管支系がけいれんを起こしている状態です。 そのけいれんによって気道が狭くなっています。 要するに、空気の通り道がすごく閉じてしまうわけなのです。 喘息が起こると息ができないのはそのせいです。 参照:MSDマニュアル家庭版 喘息が起きる要因 日本では、喘息の患者さんは増え ...

BLOG 家庭医学・健康

2020/1/4

肩こりから解放される2つの方法。うつ病や認知症の原因にもなっていた

肩こりを繰り返す理由 肩こりは日本人の最も多い症状の一つで、肩こりのない人のほうが珍しいくらいです。 肩こりがつらい時には、マッサージや整体、鍼灸に通っている方も多いのではないでしょうか。 治療すればそれなりの成果で楽にはなるかも知れませんが、また繰り返してしまいますよね。 何故だと思いますか? マッサージ等を受けて治療しても、根本的な解決法にはなっていないからなのです。 ではなぜ肩こりになるのでしょうか? それが分からないから繰り返してしまうのです。 肩こりから解放される2つのポイント ① 一番のポイン ...

家庭医学・健康

2020/1/4

予防接種より10倍効果があるハーブ、院内感染、学級閉鎖を防ぐもの

イギリスの常備薬 皆さん、自宅での常備薬はどのようなものですか。 風邪薬、胃腸薬、痛み止め、虫刺されの薬など。 いろいろあると思いますが、これらはいわゆる化学的につくられた薬です。 厳選された英国の服や靴、アクセサリーを通じて「英国のストーリーあるライフスタイル」を届けてくれるこのサイトでは、イギリスの生活の一部を下記のように紹介しています。 日本では、医師法・薬事法などによりメディカルハーバリストが診察したりハーブを処方することはできないため、薬効についてはあまり触れられず、リラクゼーション効果を得るも ...

家庭医学・健康

2020/1/3

疲れが取れない、鼾(いびき)、無呼吸対策の方法。快眠!うつぶせ寝の効果の凄さを実感。

皆さんは寝る時どんな寝方をしていますか。 仰向け、横向きいろいろあると思いますがここでちょっと試してほしい寝方があります。 それは、うつぶせに寝ることです。 うつぶせ寝のすすめ 例えば睡眠時間を多くとってるのに、疲れがとれないことってありますよね。 実は睡眠の際の姿勢を「うつぶせ」にすることで、疲れを軽減することができるのです。 多少睡眠時間が短くなっても、体が休まって疲れが取れやすくなるのがうつぶせ寝なのです。 なので、寝苦しい夜に試してみてください。 睡眠は寝入ってからの最初の15分~30分が重要と言 ...

© 2020 人生100年時代のライフシフト